病院

死因トップといえば

ナース

がんは、内臓などいろんな部分で発症します。見つかるのが遅くなると、厳しい状況になることもあるので、定期検診をすることが一番良いでしょう。特に肝臓がんのように、初期症状が出にくい部分もあるので、見逃しやすくなります。そういった、見逃しを防ぐためにも検診を定期的に受けることで早期発見が可能となるのです。

もっと詳しく

脱腸とも呼ばれている病気

ドクター

鼠径ヘルニアは、比較的若い年代の人や幼児に多い病気ですが、高齢化の影響で40代以降の人も罹る人が増えています。鼠径ヘルニアは、脱腸とも呼ばれており、治療は外科で手術を行います。腹腔鏡を使用した手術は体に負担が少なく、安全性が高いので安心です。

もっと詳しく

病院での治療が大切

医者

骨肉腫とは骨に出来る悪性の腫瘍です。初期症状が分かりにくく、よく筋肉痛と間違われます。骨肉腫は筋肉痛のような一時的な痛みではなく、継続的な痛みが特徴です。もし骨肉腫であることが分かった場合は評判の病院で治療することが大切です。

もっと詳しく

老化によって起こる病気

足

ハンドベインとは

最近、アンチエイジングや美容整形に興味がある方々に注目されている治療方法の一つにハンドベインというものがあります。ハンドベインとは簡単に言えば手の甲や腕に血管が大きく浮き出てくる現象のことを言います。特に下肢に血管が浮き出ることを下肢静脈瘤と呼んでいます。これら下肢静脈瘤や上肢静脈瘤を総称してハンドベインと呼んでいます。ハンドベインを治療する名医はアメリカに多くいます。アメリカではこのハンドベインを治療する美容整形などが最近ではかなりポピュラーになっています。アメリカの名医のもとでハンドベインの施術を学んできた名医は日本にも沢山いらっしゃいます。インターネットでハンドベインの名医と検索すれば沢山見つけることが可能です。

ハンドベインの治療方法

ハンドベインの治療方法には何種類かの施術方法があります。アメリカや日本の名医が下肢静脈瘤除去によく取り扱っているのがレーザー照射です。下肢静脈瘤は基本的に血管の老化が原因とされています。血管が老化し収縮せず、膨れ上がったままもとに戻らないことが原因とされています。アメリカや日本の名医たちは膨れ上がった血管の血液の循環を良くすることで下肢静脈瘤の除去を行います。これはヘモグロビンに作用する周波数のレーザーを照射することで簡単に行えます。再発を防止したいと考えている名医たちには下肢静脈瘤が目立つ血管を封鎖するという施術も行っています。この施術も患者に対する負担が少ないことからハンドベインを改善したい人に人気です。